本文へ移動

SDGsの取り組み

SDGsの取り組み

株式会社山本運送は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

YTP. JP 株式会社山本運送
SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」
当社は地域社会の一員として、積極的な社会貢献活動に取り組み、次世代へ繋がる豊かで暮らしやすい街づくりと地域の発展を目指します。

当社の取り組みについて

8.働きがいも 経済成長も

従業員のみんさんに働きがいのある会社として評価制度、表彰制度などの見直します。お得意先への労働時間短縮のお願い、是正。職場環境の改善、福利厚生を充実させワークバランスのとれる会社を目指します。

3.すべての人に健康と福祉を

従業員の健康診断はもちろんのこと、日々の健康管理をします。安全管理を徹底し、交通事故ゼロを目指します。社内では、ご家族の方が介護や育児が必要な場合、特典サービスが受けられるように手配します。専門家への支援依頼をお手伝いします。

13.気候変動に具体的な対策を

全車両デジタコ(デジタルタコグラフ)、ドレレコ(ドライブレコーダー)搭載、可視化し、エコドライブや燃費の改善を続けていきます。
道路交通法を再認識するための教育、ドライブレコーダー映像や、その他の教育動画などを見て安全研修を行い省エネ意識も高めます。
事業所の電力は、再生可能エネルギー100%を使用し、設備をLED化していきます。

10.人や国の不平等をなくそう

ユニセフ(Unicef)を通し、発展途上国の子供たちに支援ギフト(支援物資)を贈る支援をしていきます。また、虐待等で保護されてる地元施設に支援をします。社内で人権に対する学習をし、人を理解し合える人間関係を築く努力をしていきます。

1.貧困をなくそう

ユニセフ(Unicef)等を通し支援をしていきます。


2022年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
YTP. JP 株式会社山本運送
〒612-8452
京都市伏見区中島堀端町89番地
TEL.075-621-2540
FAX.075-621-2538

■一般貨物運送事業
■引越事業
■倉庫管理事業
■運行管理事業
TOPへ戻る